子供の順応性に驚く海外旅行

若い時には海外旅行が好きで、友達とよく海外に行っていた私。
結婚して子供ができると、海外旅行は3人分のお金がかかるのでなかなか行けなくなってしまいました。
それでも、海外に親戚がいるので2年に一度くらいは海外に行っている私。
宿泊費がかからなかったり、食費がかからないことがあってできることに感謝しています。

そんな海外旅行の時にいつも驚くのは子供の順応性です。
子供は幼稚園のころから何度か海外旅行をしていますが、行先はほとんどがアメリカです。
アメリカと日本は時差が14時間ほどあるので、ほぼ日本と反対になりますね。
私は何度もアメリカに滞在したことがありますが、やはり時差ボケには悩まされます。
アメリカで一日中寝ていたいぐらいな気分の時もあります。
けれども、子どもは着いたその日からアメリカ時間になっているようで、元気に遊んでよく眠ります。
体調を崩すこともなくて、ほんとうに滞在中毎日充実して過ごすことができるのです。
もちろん日本に帰ってきたら、日本時間にもどすのも簡単みたいで、2,3日は朝目覚めるのがいつもより1時間程度早いぐらいで、あとはあっという間に戻るんです。
子供って順応性がすごいんですね。うらやましい限りです。
時差だけでなく、言葉はほとんどわからないのに現地の子供たちとたのしく遊べたりするのもやはり子供ならではだなって思います。
今は英語を勉強中なのでもう少し話せるようになったらもっともっと楽しめるのではと思います。

いろいろな職種といろいろな従業員
スタッフの勤怠管理をひとまとめ
高齢者やパソコンに不慣れな従業員でも簡単操作
biz-work.jp/
関連:www.nflsea.com

«