ワクチン接種のため動物病院へ

飼っている猫のワクチン接種のため、動物病院に行ってきました。
久しぶりの動物病院ということで、猫さん何かを察したのか、朝から緊張していた様子。
キャリーケースに入りたがらなくて大変でしたが、なんとか車に乗せて動物病院へ向かいました。

待合室に入ると、一人のおばあさんが椅子に座っていました。
「こんにちは~」
挨拶をすると、にっこり笑って「かわいい猫ちゃんね~」と。
うちの猫、でっぷりしていてお世辞にもかわいいとは言い難いのですが・・・。
おい猫!かわいいってよ!と心の中で猫に語りかけつつ、椅子に座って待つこと数十分。

雑誌を読みながら待っていたら、処置室からキャンキャンとワンちゃんの鳴き声が聞こえてきました。
おばあさんの犬かな?と思っていたら、おばあさん椅子から立ち上がってうろうろし始めたんです。
狭い待合室の中を行ったり来たり、なんだか落ち着かない様子のおばあさん。
声をかけようかと思った時、ワンちゃんが処置室から出てきました。

先生に抱っこされて出てきたのは、小さなかわいらしいトイプードルでした。
やっぱりおばあさんが連れてきたワンちゃんだったみたいで、おばあさんワンちゃんに駆け寄り「頑張ったねぇ~」とナデナデ。
いったいどんな病気だったのか、重い病気だったのかと耳をそばだてていたら、「定期的にワクチン接種来てくださいね~」
ただのワクチン接種みたいでした。
な~んだ、と拍子抜け。

猫はワンちゃんの鳴き声に完全にビビッてしまい、キャリーケースにしがみついて出てこようとせず・・・。
先生が猫撫で声で「怖くないよ~出ておいで~」なんて言っても、全然ダメでした。
無理矢理キャリーケースから引っ張り出して、無事にワクチン接種を終えましたが・・・。
ものの数分で終わるはずが、1時間以上かかって大変でした。

猫も犬も、人間と同じで注射は嫌なんですね・・・。

«
»