語学の勉強で大切なこと

私は若いころ海外旅行が好きで、アメリカをはじめ、韓国や南米、そしてオマーンにも行ったことがあります。
そこでいろいろな文化の違いを感じることも多かったのですが、とくに驚いたのはオマーンに行った時の事です。
オマーンはアラビア語を話します。
けれども、ほとんどの大人は英語で話しかけるときちんと英語で答えてくれるのです。

日本でも小学校の高学年から英語の学習をスタートさせて、中学校、高校と普通に英語の授業を受けているのに実際に話せる人って少ないとおもいます。

それに比べるとオマーンは本当に英語を話せる人が多いことに驚きました。
きっと英語の教育方法が違うのでしょう。

私は中学では文法ばかりを勉強して英語が苦手だと感じていたけれど、高校で会話の授業がスタートして話せることは楽しいことだと感じたことで英語に興味を持つことができました。

そこからは学校の勉強よりは会話の練習に力を入れたので、今でも日常会話程度は普通にできます。
きっと語学は話せることがたのしいと感じることがいちばんなんだと思います。

だからそんな風に感じられる機会を若い子に与えてあげることがいちばん大切だと思います。。
我が家の娘は10歳ですが、今英語の勉強がたのしくてしょうがないようです。
それは、自分が英語の本を読めるようになったり、問題が理解できるようになってどんどん楽しくなったのだとおもいます。

楽しいと思えることが、語学の学習では一番重要視したいことなんですね。

«
»