春というとイメージするもの

春というと一番にイメージするものが桜という方も多いですよね。
我が家も鎌倉まで毎年桜を見に出かけます。
人でいっぱいになるけれど、やっぱり一年に一度美しい桜を鑑賞するのはなんだか気持ちがいいですからね。

サクラと言えばお花見だけれど、最近は桜を使ったお菓子を良く見かけます。
和菓子では昔からあったんですよね。
代表的なのは桜餅ですね。
春らしいピンクがきれいで、なんとなく女性は桜餅好きですよね。

最近は和菓子でも桜を使ったものがいろいろあって、私が働いている洋菓子店では毎年春になると桜ロールと桜のプリンを出します。

淡いピンク色がきれいで、味も美味しいけれどイメージが春らしくってケーキの詰め合わせに入れたくなるのはよくわかります。

でも、実は桜味の洋菓子はちょっと苦手です。
なんとなくイメージが和なので洋菓子で食べると違和感があるのかもしれません。

お友達のお家を訪ねる時なんかには、ちょっときれいなのでいいかなぁとも思います。

日本は、季節を眼だけでなくて舌でも楽しむことができるのでいいですよね。
これからは、春らしい野菜などもいろいろ出てきますね。
菜の花は春の代表という感じですが、ひなまつりにお浸しで頂きます。

まだまだ春の食材が沢山出てくるので旬をいただいて、パワーをたっぷり分けてもらいたいですね。
カラダは自分がたべるものから出来ているのですから、シッカリと旬の物をいただいて、元気にその季節を乗り越えたいと思います。

«
»