未来を心配しすぎないようにしたい

未来の事は分からない。
だから、あまり心配したりせず目の前の事を一生懸命やるだけだよ。
そんな風な言葉を、ある時は友人知人から聞き、またある時は何かの書物で目にすることもありました。


全くその通りだと思います。
時に、全く想像していなかったようなことが起こることだってあるのですから。
でも、どうしてもまだ知らない明日の事やこれからの事を、あれこれ勝手に想像しては落ち込んだり悩んだりしてしまう私がいます。
これは、私の良くないクセだと自分でもよく分かっています。

良く言えば慎重。
悪く言えばムダに心配性なのです。
できるだけ、なるべくトラブルや不運は避けたいと思いますし、心穏やかに暮らしたいと思います。
たぶん誰もがそう思うのではないでしょうか。

ところが、なかなかそうはならないのが事実。
眠れない日々を過ごしたり、食事がのどを通らなくなることだってあります。
余計なことに心を振り回されないような、何か良い方法はないでしょうか。
自分でもこの想い癖のおかげでずいぶん損をしていると思います。

確かに、トラブルにはあまり巻き込まれないような気もしますが、心の疲労は半端ありません。
もっとおおらかに、もっとどんと構えて生きていきたいものです。
そんな風に生きているように見える人もいます。
思い切ってコツを訊いてみたい気もするのですが、それが原因で何か問題が発生するのも不安。

こんな風に思い込んで、ついついチャンスを逃してしまうのです。
多少なりともリスクを背負わなければ、チャンスを掴めないことも知っています。
私は結局はずるい人間なのでしょうか。

«
»