毎日ヨーグルトを食べています

私は毎朝、パンにコーヒー、そして果物にヨーグルトをかけて食べています。
日本人の朝食の定番でしょうか。
そしてヨーグルトを食べれば、カルシウムも取れるし、ビフィズス菌が腸にいいといいますからしっかり食べるようにしています。

よく腸には悪玉菌と善玉菌がいるといいますがビフィズス菌とどういう関係なんだろうと思っていました。
インターネットを見てみると、ビフィズス菌は善玉菌だとか。
でも、ビフィズス菌、せっかく食べても胃酸には弱いそうで、死滅してしまうそう。
でも、食べてから30分以内なら胃酸が弱まるので生き残るビフィズス菌もいるそう。
そういえば、昔友達が果物を食べるなら食後30分以内がいいよ、太りにくいからと言ってたな。
やっぱり胃酸と関係があるのだろうか・・・
この件は、また後日調べることにしよう。
話をもどすと、胃酸を生き残ったビフィズス菌たちが待ち構えているのは、腸のアルカリ。
ここで一気に撲滅させられるそう。
こうして、ほとんどのビフィズス菌は腸にたどりつく前に死んでしまい、生きて腸までたどりつくビフィズス菌はいないそう。
これじゃあ、ヨーグルトを食べている意味ないじゃない!と思いながら、先を読み進めていくと、死んでしまったビフィズス菌もある程度の影響は及ぼせるよう。
腐ってもビフィズス菌ってわけか!
ひとまず、ヨーグルトのビフィズス菌たちは、やはり腸にいい影響をあたえるようですね。
だから彼らは善玉菌なのです。
しかし死滅したビフィズス菌は、役割をなし終えるとさっさと排出されてしまうそうです。
であれば、取り続けるしかありませんね。
継続は力なり。これからもヨーグルトを食べ続けます。

女性が活躍する会社は伸びる
勤怠管理の業務改善システムを提案
就業管理・勤怠管理システムはパッケージ製品。導入後は保守費用のみで運用が可能。
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«