経済

外国語のリズムやイントネーション

言語には興味があります。リズムやイントネーションが地域によって似ていたり、日本語に近い言葉もあって面白いです。英語、中国語、アラビア語はチャレンジしました。

英語を学んだことで世界が広がりました。海外旅行は英語圏ならガイドなしで行けて現地の生活に触れられるのがいいです。
字幕なしで映画、ドラマが見られるのもいいです。日本語吹き替えよりリアルな感じがします。
また、日本にいる外国人に日本語を教えるボランティアにも参加することが出来ました。

そのおかげで色々な国の人と接することが出来、様々な文化、社会風習、宗教、政治について学ぶことが出来ました。
たまたま大学で中東事情史とアラビア語を学ぶきっかけがあり、書くことはできませんが挨拶、お祈りの言葉、名前は言えるくらいになりました。

就活の時に履歴書に書いたら、面接時にテロに関心があるのではと疑われ、疑われた会社全てから不採用通知が来ました。中国語は検定試験の一番下レベルですが、テレビ等で一部でも聞き取れるとうれしいです。

多言語が出来るとやはりありがたがられます。私は外国語に携わる会社には就職しませんでしたが、文書が英語のことが多かったのでその点は助かりました。翻訳するのに苦労している人が多かったです。英語が出来たため外国からのお客さんの相手をすることが多く、そこでも外国語を覚えることが出来ました。

外国語を学んでいる人は日本語もしっかりマスターし誰とでも高度なレベルの会話が出来るようにしてほしいです。社会情勢、歴史、政治、経済、文化、芸能等多岐に渡って関心を持ち、情報を収集することも大切です。
マルチリンガルで発音だけは良いけれど薄っぺらい内容しかしゃべれない人は採用されません。

発音よりもいかに様々な分野について自分の見解もしっかり入れて話せるかが重要です。書くことも大です。日頃から本や新聞をよく読んで内容のある文章が書けるようにしておくことも大事です。

語学の勉強で大切なこと

私は若いころ海外旅行が好きで、アメリカをはじめ、韓国や南米、そしてオマーンにも行ったことがあります。
そこでいろいろな文化の違いを感じることも多かったのですが、とくに驚いたのはオマーンに行った時の事です。
オマーンはアラビア語を話します。
けれども、ほとんどの大人は英語で話しかけるときちんと英語で答えてくれるのです。

“語学の勉強で大切なこと” の詳細は »